メニュー

斜面の草刈り

斜面の草刈りは危険が伴います

平面よりも滑りやすい

斜面での草刈りは普段歩いている地面よりも角度があり、さらに草の生えている土壌では表面が乾いていると思っても水分を多く含んでいたり、小さな枝や石ころなどを踏んで足元が滑りやすくなっています。草がある程度伸びていると足元の状態も確認しづらいため、より注意して草刈りを行う必要があります。

姿勢が不安定になりやすい

斜面での草刈りは平面で作業するよりもより体力を使います。一般的な草刈り機は体や腕を動かして草を刈っていくため、斜面で足元を常に踏ん張って作業するので体への負担が大きくなり、バランスを崩して草刈り機の刃物で大けがをする心配もあります。

地面にあるのは草だけではない可能性も

草刈り機が地面に接触して土にぶつかる際、石ころなどが跳ね返って当たる程度であればまだ小さなケガで済みますが、地面が硬いコンクリートだった場合、草刈り機自体が跳ね返って体を傷つけたり、刃物が損傷して思わぬケガをする可能性もあります。斜面の草刈り時は特に慎重にスパイクや安全靴、防護ゴーグルや防振手袋など身の回りを安全にして作業に取り掛からないといけません。

斜面の草刈りは業者に依頼することをおすすめします

おかげ屋なら迅速に綺麗に斜面の草刈り作業を行います

おかげ屋にご依頼いただければ、平面の土地の草刈りはもちろん、斜面の草刈りにも対応可能です。
夏場を迎えると一層雑草が成長し、数年放置してしまうとなかなか個人では草刈り作業がしづらくなってしまいます。おかげ屋にご相談いただければ季節を問わず安全に斜面の草刈り作業を行うことが可能です。
草刈り後の草の処分もおかげ屋がきちんと処理いたしますので安心してご相談ください。

草刈りの頻度を抑えるための除草シートの敷設もおすすめです

斜面の草刈り作業に関して、おかげ屋ではその後の草刈り頻度を抑えるための除草シートの敷設もご提案しています。除草シートを貼るには斜面の草を事前に刈るだけではなく、傾斜地全体にでこぼこがないようにならす必要があります。事前にならさずに除草シートを貼ってしまうと、シート自体の摩耗が激しくなったり、破れやすくなるためまずはある程度の起伏をならします。
斜面の土地をある程度ならした上でafter画像のような除草シートを貼ることで、シート本来の品質を維持できますので、草刈りのご依頼頻度を抑えることが可能になりますので総合的に見て管理コストを抑えることに繋がります。
おかげ屋で使用している除草シートは、おおむね4~5年間除草の維持が可能な厚手のシートを使用しています。

ご自宅のお庭なら除草シート以外にもおしゃれなウッドチップ・バークチップもおすすめです

雑草の管理が楽になる除草シートですが、ご自宅の庭にシートを貼るには見た目としてはあまり良いものではありません。そんなときはウッドチップやバークチップといった木材のチップを敷き詰める方法でおしゃれに除草対策を行うことが出来ます。
じめじめした日の当たらない場所には不向きなことや、除草シートほどメンテナンスなしで長く持つわけでななく、ウッドチップの追加が定期的に必要だったりと使用環境によっては管理が必要となりますが、夏場の地面の気温上昇を抑えたり、景観効果の他、ウッドチップの多くは廃材を再利用した木材のため、環境保全としての側面も担うことができます。

斜面の草刈り・除草作業の作業料金

斜面の草刈り・除草作業については、作業の難易度によって増減しますので、平面での見積額を参考にしていただき、最終的には現地見積りにて金額を提示させていただきます。

草刈り作業の依頼可能エリア

愛知県

名古屋市近郊・一宮市・春日井市あたりから豊田市・岡崎市あたりまで対応可能です

岐阜県

岐阜市・大垣市・各務原市・多治見市・可児市など。東は中津川、西は関ケ原あたりまで対応可能です

三重県

四日市市・津市・鈴鹿市・桑名市・津市周辺よりも愛知県方面の各地域まで対応可能です

おかげ屋は愛知県春日井市に拠点を置いていますので春日井市、一宮市、名古屋市周辺のご依頼が多いですが、片道1時間半程度までの距離であれば草刈り・除草作業をお受けすることが可能です。より遠方となると作業時間以外の交通費や人件費がかかってしまいますが、おかげ屋の仕事ぶりを評価していただき懇意にしていただいているお客様もいらっしゃいますので、上記のエリアに関わらず一度ご相談ください。

TOP